倉岡医院

診療時間
  • 午前:09:00-13:00
  • 午後:14:00-18:30
  • 休診:木午後、土午後、日祝

倉岡医院

MENU

下部内視鏡

LOWER ENDOSCOPE

LOWER ENDOSCOPE下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸の炎症性疾患、出血性疾患、腫瘍性病変を診断することが可能です。大腸がんの発生数は増えており、女性死亡数1位、全体での死亡数2位と上位に位置しています。大腸がんは内視鏡治療可能な状態で発見されれば、完全に治療することが可能です。また大腸腺腫(前がん病変)の状態で切除すれば、大腸がん死亡リスクを減少できるという大規模な研究報告もあり、大腸ポリープは積極的に切除することが勧められています。市のがん検診(便潜血検査)で2次検診となった方や、便通異常(便秘、下痢)、血便、下腹部痛など腹部症状を認める方、大腸がん家族歴、検査を希望される方には検査をお勧めいたします。

下部消化管内視鏡検査でわかる疾患

  • 大腸ポリープ
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸がん など

当院の大腸内視鏡検査の特徴

鎮静剤を用いた内視鏡検査
希望者の方には、鎮静剤(静脈麻酔)を用いて、ほぼ眠ったままの状態で内視鏡を行います。検査に対する不安の強い方、以前の検査時に腹痛が強かった方にはお勧めです。この場合、検査後にはしっかり目を覚まして帰っていただく必要があり、通常検査の場合よりも所要時間が長くなるといったデメリットもあります。
炭酸ガス送気を用いた大腸内視鏡検査
通常は「空気」を用いて腸管を膨らました状態で検査を行います。この場合、検査後の腹満感が強くでる場合があります。炭酸ガスは空気の数百倍の吸収率であるため、検査後のおなかの張りはほとんどなく、検査後の腹部の不快感を軽減することができます。
日帰り大腸ポリープ切除
大腸ポリープを発見した場合に、当院では検査前に同意を得られている場合に、そのままポリープを切除します。ポリープ発見時と、切除治療を分けて行うよりも時間的、経済的負担を軽減できます。(入院下でのポリープ切除も可能です。)

検査の流れ

1診察
まずは問診を含めた診察を行います。検査前に休薬が必要な薬もございますので、事前に確認させていただきます。腸管の閉塞症状など、強い腹部症状を認める場合など内視鏡検査が望ましくない場合もあり、検査前に来院していただき事前の診察が必要となります。
2来院前
  • 前日:前日の21時以降は食事をしないでください。前日内服用の下剤を服用してください。水分摂取は可能です。
  • 当日朝:当日の朝食はとらずに来院されてください。下剤を水、お茶、スポーツドリンクは摂取可能です。内服薬、インスリン投与中の方は事前に相談してください。
3来院後

前処置用の腸管洗浄液を内服していただきます。(1000〜2000ml程度)前処置に有する時間は個人差があります。(3時間前後)
※初回でなければ自宅で腸管洗浄液内服後の来院も可能です。

  • 鎮静剤の点滴を行います。(※鎮静剤無しの検査も可能です。)
  • 検査(検査所要時間20分前後:ポリープ切除時は個数にもよりますが、通常より少々時間がかかります)
  • 休憩(麻酔使用時は30-60分の休憩)
  • 結果説明:今後の経過観察の方法も含めて説明します。
  • 所要時間:前処置時間、休憩時間で個人差はありますが、午前中の診療時間内に検査は終了する場合がほとんどです。
休憩室

前処置室は個室使用の空間に自動リクライングソファーをご用意しております。
TV(DVD、Blue ray鑑賞可)、書物も用意しておりますので、ゆったりとした前処置が可能です。タブレット用テーブルもありますので、PCの持込があればデスクワークをしながらの前処置も可能です。

費用

  3割負担
大腸カメラ検査のみ(下剤、鎮静剤込) 約5600円
大腸カメラ+組織検査(1〜3ヶ所) 約9000円~17000円
日帰り大腸ポリープ切除(1〜3ヶ所) 約19000円~24000円
  • 組織検査1ヶ所約3500円程度の負担となります。
  • 1割負担は3分の1程度となります。
  • 検査は必ず事前診察が必要です。

※事前予約はこちらまでお問い合わせください 0942-75-5111